失敗しないAGAクリニックの選び方はこちら

AGA治療薬の副作用は?自分でできるリスク管理法を徹底解説!

 

AGA治療について調べてるけど、副作用が怖くてなかなか治療に踏み切れない。。

 

そんな疑問にお答えします。

モトハゲリーマン

こんにちは。現在AGA治療中のモトハゲリーマン (@moto_hageryman)です。

私も治療を始める前に、最も不安だったのが治療薬の副作用です。

ネットで調べれば、治療薬の副作用をやたらと強調して育毛剤の紹介をしているサイトが多く、それを見る度に漠然と不安になっていました。

でも、こんな育毛剤を売りたいために副作用の不安を煽るサイトは信用してはいけません。

科学的に正しいリスクを理解した上で治療するかどうか検討してください

当記事では、以下の疑問に答えます。

  • AGA治療薬の副作用はどの程度の確率で起きるか?
  • どのように副作用のリスクを管理すべきか?

 

<モトハゲリーマンの治療経過>
【M字はげ治療経過】1年間の効果と副作用を総括します

 

AGA治療薬の副作用リスクは?

まずは、AGA治療薬で起こる可能性がある副作用について紹介します。

フィナステリド

フィナステリドで起こりうる副作用は以下の通りです。

副作用リスク
  • 性機能障害
  • 肝機能障害

言葉にすると怖いですが、データを見ると恐れるほどではありません。

  • 確率は、概ね5%以下
  • フィナステリドが原因とする根拠がない。
    ※フィナステリド投与群と非投与群の比較試験において発症率に有意差はみられない。

複数の研究によって、これらの副作用リスクは5%以下と低く、発症した被験者においても、統計的にフィナステリドが原因とは言い切れないという結果です。

薬の副作用を検証する時は、同じ条件の対象者を、薬を飲ませる群と、飲ませない(偽薬)群に分けて、副作用の発症率を比較します。この実験において、飲ませた群と偽薬群で、発症率に差がないということは、薬の副作用とは言い切れないということです。

 

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットは、強力な飲む発毛剤です。副作用は以下の通りです。

副作用リスク
  • 低血圧
  • 動悸、不整脈
  • 体毛増加
  • 体重増加、むくみ

フィナステリドと異なり、発毛剤としての研究が少ないため、発症率は不明です。

もともとは高血圧の方向けの降圧剤ですし、ほとんどのAGAクリニックで処方されているので心配し過ぎる必要はありません。ただし、もともと身体が弱い方は副作用が出ているケースもみられますので、体調を見ながら慎重に服用しましょう。

 

リスク管理① AGAクリニックで処方する

初めての治療は必ずAGAクリニックで処方してもらいましょう。

AGAクリニックでの処方には以下のメリットがあります。

AGAクリニックのメリット
  • 服用可能な健康状態か血液検査をしてくれる。
  • 治療薬の適切な分量が処方される。
  • 治療経過、副作用の経過を診てもらえる。
  • 副作用が出た場合に対処が可能。

インターネット通販で買う場合は、価格は安い代わりに、このメリットが全てありませんのでリスクは高くなります。

 

リスク管理②副作用の兆候をセルフチェック

クリニックに通っていれば数カ月〜半年に1回は医師に診察してもらえます。

ただ、症状が出てからでは遅いので、私は自ら副作用の兆候はないか、自分で管理しています。特に、健康に関わる以下の副作用に関しては注意深く観察しています。

セルフチェックすべき副作用
  • 低血圧
  • 動悸・不整脈
  • 肝機能

 

低血圧

ミノキシジルタブレットはもともと降圧剤で血圧を下げる薬ですので、血圧が必要以上に下がり過ぎないように定期的に測定することをおすすめします。

成人の血圧の正常範囲は以下の通りです。

血圧の正常範囲

至適血圧 最高 120以下 最低 80以下
正常血圧 最高 130以下 最低 85以下

私は、上腕式の血圧計で、毎日朝と就寝前に計測し1日の平均血圧を算出しています。

血圧は正常範囲で、18年6月に治療を開始してから血圧は特に変化はありません

以下は、1ヶ月の平均血圧をグラフ化しています。

血圧変化

※2018年5月~8月は、医療用の血圧計で同じ時間帯(午後)に計測した1回の結果です。
9月以降は、毎日朝晩計測した1ヶ月平均です。

 

また、もともとは血圧を下げる薬ですが、用量は少なめですので、血圧に大きな変化はありません。私の検証では、服用直後は血圧は一時的に下がりますが、数時間で元に戻ります

 

動悸・不整脈

直接的にこれらの副作用を感じた場合は服用を控えて必ず医師に相談しましょう。

私はこれらの症状はありませんが、症状が表れる前に、心拍数が上昇していないか「安静時心拍数」をモニタリングしています。

MEMO

安静時心拍数は、安静時の心拍数を測定した値で、心臓の健康状態を示す重要な指標となります。

米国心臓協会のウェブサイトによれば、安静時の平均心拍数は毎分 60~80 回ですが、この数値は体を鍛えている方の場合はより低くなるそうです。 これは、活動的な人は心筋の状態が比較的良好で、激しく働く必要がないため、心拍数が低下することが多いためです。 また、安静時平均心拍数は年齢と共に上昇します。

2017年11月~現在までの1週間毎の推移ですが、2018年6月3週目に治療開始してからやや上昇傾向がみられます。2年分のデータがある11月以降は昨年と比べて高くなっています。

55~60という数値は依然低い水準なので気にする必要はないと考えていますが、引き続き経過観察していきます。

安静時心拍数推移
※毎日24時間計測している安静時心拍数の1週間の平均をグラフ化しています。

測定は、Fitbitというウェアラブル端末を使用しています。歩数、心拍数、消費カロリー、睡眠時間等を計測できますので、ダイエットにも必須アイテムです。

 

肝機能数値

フィナステリドなどのAGA治療薬も例外でなく、肝臓で代謝され、血液を通して、頭部まで運ばれます。

その点では、他の薬同様に肝臓への負担は考えられますが、フィナステリドは、特別、肝臓に強く負担がかかる薬ではないようです。

プロペシアの使用成績評価においても、肝機能障害の発症率は0.2%となっており、フィナステリドとの因果関係は統計的に証明されていません。

ただし、もともと肝機能の数値が悪い場合は、服用を避けた方が良いと言われています。服用する前には、必ず血液検査で肝機能の数値は確認するようにしましょう。

ALT (GPT) ・・・基準値 10~30
AST (GOT)・・・基準値 10~30
y – GTP     ・・・基準値 0~50

私は治療開始1年間で変化はありませんでした。

治療開始前 6ヶ月後 1年後
AST (基準値0~30) 19 20 16
ALT (基準値0~30) 21 17 16
γ-GTP (基準値0~50) 14 13 13

 

健康には影響しない副作用

健康に影響しないので私はあまり気にしていませんが、副作用としては起こる可能性が高いのが、以下の2点です。

  • 体毛増加
  • 体重増加、むくみ

 

体毛増加

体毛増加は、ミノキシジルタブレットを服用する場合に起こる可能性が最も高い副作用です

クリニックの医師によると、患者のうち2〜3割の方に起こるようです。

全身の血流を増やしますので、頭髪だけでなく、体毛にも効いてしまうのです。

私の場合は、頭髪の成長速度と同じスピードで、治療開始〜4ヶ月目まで全身の体毛が成長しましたが、それ以降は成長が止まりました

 

体重増加・むくみ

ミノキシジルタブレットの血管拡張作用によって、体内(細胞)に水分を蓄えやすくし、むくみの症状が出て、体重増加につながるという可能性が高そうです。

私も当時はあまり気にしていなかったのですが、治療開始翌月に2kg増加して、それ以降は落ちません。

食生活や運動習慣は変わっていないので、治療薬の影響が最も可能性として高いと思います。

体重推移

 

【まとめ】副作用と上手く付き合おう

フィナステリドの副作用の発症率は5%以下で、発症した場合も薬が原因である根拠がない。

  • 肝機能数値
  • 性機能障害

 

ミノキシジルタブレットは、研究が乏しいが、以下の副作用が起こる可能性がある。

  • 低血圧
  • 動悸・不整脈
  • 体毛増加
  • 体重増加・むくみ

 

以下の副作用は、健康に影響するため、リスク管理をしよう。

セルフチェック
  • 低血圧・・・・・・・・血圧が下がり過ぎていないか定期的にチェック。
  • 動悸、不整脈・・・・・前兆として「安静時心拍数」をチェック。
  • 肝機能・・・・・・・・血液検査で「ALT」「AST」「y-GTP」の数値をチェック。

 

AGAの基礎知識については、以下の記事をご覧ください。

M字はげの前兆・判断基準は?AGAの簡単な見分け方3選 M字はげの原因と対策 M字はげの原因と対策|科学的な治療方法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です